HOME > コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンス

はじめに

  信用保証協会は、「信用保証協会法」に基づき運営されている公的機関であり、「信用保証」機能を通じて中小企業金融の円滑化を図ることを目的として、中小企業の健全な育成という役割を担っています。
  このため、信用保証協会が、業務方針や行動指針を策定するに際しては、各種法令を遵守して決定し、これに従った行動をしていくことが求められています。 このような環境の下、単なる法令遵守に止まらず、内部規程、社会規範、倫理、社会通念等をも含んだ「コンプライアンス」(法令等遵守)を基本とし、社会からの揺るぎない信頼の確立に向けて、「信用保証協会倫理憲章」及びその精神を遵守するとともに、役職員の意識の共有化と行動の統一化を図るため、「コンプライアンス・マニュアル」を制定いたしました。

倫理憲章

  1. 信用保証協会の公共性と社会的責任 信用保証協会の公共性と社会的責任の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて信頼の確立を図ります。
  2. 質の高い信用保証サービス 経営の効率化に努め、創意と工夫を活かした質の高い信用保証サービスの提供を通じて、地域経済の発展に貢献いたします。
  3. 法令やルールの厳格な遵守あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な事業活動を遂行いたします。
  4. 反社会的勢力との対決市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決します。
  5. 地域社会に対する貢献広く住民とのコミュニケーションを図りながら地域社会への貢献に努めてまいります。

行動規範

 中小企業施策の重要な一翼を担っている信用保証協会役職員は、更に一層、社会からの揺るぎない信頼の確立のために、「具体的行動規範」を実践してまいります。
具体的行動規範 pdf

平成28年度コンプライアンス・プログラムについて

基本方針等 pdf

具体的実施事項 pdf


組織体制

組織体制図 pdf