HOME > ご利用にあたって:信用保証料シミュレーション
ご利用いただける中小企業者
保証の利用条件
保証申込手続き
様式集
信用保証料シミュレーション

信用保証料シミュレーション

信用保証料

 信用保証料は、保証協会が中小企業者の方の委託に基づいて行う信用保証の対価として、中小企業者の方よりお支払いいただくものです。また、保証期限内に借入金を早期完済した場合は、お支払いいただいた信用保証料を所定の計算により返戻いたします。
 なお、保証協会は信用保証料以外の用紙代金、手数料、あっせん料及び賛助金等は一切いただいておりません。

信用保証料シュミレーションはこちらをクリック

信用保証料率

 信用保証料の基準料率は中小企業者の方の経営状況に応じて弾力化しており、年0.50%〜2.20%の9区分とした上で、個別の中小企業者の定性要因(中小企業会計・会計参与、有担保)により最大0.2%割引いたします。
 なお、流動資産担保融資保証、特別小口保証、経営安定関連保証等弾力化の対象とならない保証制度については所定料率となります。
※ 貸借対照表を作成していない場合は一定料率(当面1.35%)となります。

信用保証料率決定プロセス

※ CRDとは中小企業信用リスク情報データベースの略称で

  • 平成13年3月、中小企業庁の発案により、中小企業金融の円滑化を支援することを目的に信用保証協会を中心に創設された、中小企業に関する日本最大のデータベースです。
  • 中小企業信用リスク情報データベースには、日本全国218万社(平成18年3月現在)の中小企業者の財務データが保有されております。このデータベースに基づき、みなさまの企業の信用リスクが計算されます。

 平成19年10月1日より責任共有保証制度が導入されたことにより、10月1日保証申込受付分から、責任共有保証料率が適用となります。
 責任保証料率とは、保証委託の対価として計算される保証料率を貸付金額に対する率で表示したものです。

責任共有保証料率

区分 @ A B C D E F G H
保証料率 (年率) 1.90% 1.75% 1.55% 1.35% 1.15% 1.00% 0.80% 0.60% 0.45%

信用保証料の計算

 信用保証料は、保証金額、保証期間、信用保証料率、分割返済回数別係数に基づいて、一定の式により算出されます。

<一括返済の場合>

【計算例】
 保証金額 1,000万円、保証期間 36ヶ月、保証料率 1.35%
 1,000万円×1.35%×36ヶ月÷12=405,000円 (お支払いいただく保証料)

<分割返済の場合>

【計算例】
 保証金額 1,000万円、保証期間 12ヶ月のうち6ヶ月据置、毎月100万円の均等返済(5回)、残額500万円期日一括返済、保証料率 1.35%、分割返済回数別係数0.70
 @ 1,000万円×1.35%×6ヶ月÷12=67,500円
 A 400万円×1.35%×(12−6ヶ月)÷12=27,000円
 B (1,000−400万円)×1.35%×0.70×(12−6ヶ月)÷12=28,350円
 @67,500+A27,000+B28,350=122,850(お支払いいただく保証料)

分割返済回数係数

返済回数 均等分割返済 不均等分割返済
6回以下 0.70 0.77
7回以上12回以下 0.65 0.71
13回以上24回以下 0.60 0.66
25回以上 0.55 0.60